トチセン C-MAL
   ホーム 企業情報 製品情報 技術情報 お問い合わせ
シーマル 作業用前掛け 防曇フィルム T-UV 前のページへ戻る

ウインドウフィルム IRタイプ

太陽エネルギーは、熱的作用の大きい光線である近赤外線に約50%、人間に見える光線である可視光線の約45%含まれております。
 
透明の熱線遮断フィルムは、この熱的作用の大きい近赤外線を遮蔽する事により、断熱効果を持たせてあります。
 
しかし、太陽エネルギーのうち約45%含まれる可視光線は透過させておりますので、透明の熱線遮蔽フィルムを施工され、若干の熱を感じられるのは可視光線を透過した太陽エネルギーによるものです。
 
シーマルのIRタイプには、高透明・高耐光の染色フィルムを使用した熱線遮蔽フィルムがあります。 可視光線の熱線は染色層の吸収によりコントロールされ、更に、近赤外線の熱線は金属酸化物超微粒子により吸収されることとなり、ダブルの熱線遮蔽性をもっております。 染色熱線吸収フィルムは、5種類のカラーバリエーションがあり、お好みによりお選び頂けます。
 

高透明熱線吸収タイプ
 
クールクリア89 IRTR
クールクリア89
可視透過率88%
  IRTR
可視透過率83%
 
 染色熱線吸収タイプ
 
IRBK00   IRBK05
IRBK00 可視透過率1%   IRBK05 可視透過率5%
IRSM15   IRSM30
IRSM15 可視透過率15%   IRSM30 可視透過率29%

 
 
光学特性

 
可視光線透過率
紫外線透過率
日射反射率
日射吸収率
日射透過率
遮蔽係数
 クールクリア89
88%
1%
10%
22%
68%
0.85
IRTR
83%
1%
16%
16%
68%
0.82
IRBK00
1%
1%
6%
63%
31%
0.59
IRBK05
5%
1%
7%
58%
35%
0.61
IRSM15
15%
1%
7%
53%
40%
0.66
IRSM30 29% 1% 7% 46% 47% 0.72
上記データは[自動車窓ガラス用フィルムJIS S 3107]に基づき、3mmフロートガラスに貼り測定した実測値であり、保証値ではありません。

 
紫外線99%カット
人体に有害な紫外線を99%カットすることにより、日焼けから肌を保護し、車の内装材の変色、劣化の進行を抑制します。
日差しをカット
  熱線をカットすることにより、夏の暑い日ざしを抑え、冷房効果を高め、冬は社内の熱が逃げにくく、暖房効果を高めます。
飛散防止
  ガラスが破損した場合、ガラスの散乱を防ぎ、安全性に寄与します。
傷に強い
  耐磨耗性の高いハードコートを施しているため、施工時及び窓の開閉、クリーニングの際にも傷がつきにくくなります。
 
 
C-Mal製品お問い合わせ
連絡先:株式会社トチセン シーマル販売課

お問い合わせフォーム  >>

〒326-0338
栃木県足利市福居町1143
[TEL] 0284-71-2151
[E-mail] cmal@tochisen.co.jp

シーマル
 
IRタイプ
スタンダードタイプ
CPタイプ
MCPタイプ
グラデーションアーチタイプ
  このページのトップへ戻る 
Copyright (C) 2003 TOCHISEN.  All rights reserved.