ホーム 企業情報 製品情報 技術情報 お問い合わせ
会社概要 交通案内 会社沿革 ごあいさつ 前のページへ戻る

株式会社トチセンの沿革

西暦
1913年 5月 「足利織物株式会社」設立。
1919年 5月 「明治紡織株式会社」設立。
1943年 5月 戦時企業整備例により、県内業者を統合。
「栃木整染有限会社」を設立。
1948年 6月 設立地足利市雪輪町より、同市内福居町に移転。
1949年 5月 明治紡織(株)と合併、「栃木整染株式会社」を設立。資本金130万円、中島良助社長就任。
1955年 3月 工場内で火災発生、生産設備の3分の1を消失、損害約7,000万円。
1956年 3月 旭化成工業(株)との提携により、サラン繊維の加工開始。
1961年 11月 自主的な技術研究により、硬質フィルムの加工方法を開発、染色機の一号機を完成し、原反加工を開始。
1962年 5月 ヒートセット機新設、トリコット染色整理開始。
1962年 7月 中島良助会長、高山鉦八社長に就任。
1963年 6月 「トチセン化成工業株式会社」設立、ポリエチレンフィルムの製造販売開始。
1964年 9月 東京オリンピック協賛、日の丸100万枚の加工行う。
1969年 12月 特殊コーティング機増設、加工能力が増大。
1971年 8月 商事部設置、繊維製品の製造販売を開始。
1972年 7月 高山鉦八会長、秋草好郎社長就任。
1973年 1月 公害処理施設完成、稼働開始。
1975年 1月 社名を「株式会社トチセン」に改称。
1975年   昭和49年に資本金1,900万円に、更に3,500万円に増資。
1978年 5月 オイルショック後の企業体質の悪化に対処し、栃木県の指導と指定を受け、フィルム加工への重点指向の事業転換を策定する。
1980年 6月 繊維加工部門を縮小し、余地を足利市に売却、残地にて工場設備のレイアウトを行い、重点的にフィルム加工設備を強化する。
1981年 4月 栃木県経営合理化モデル工場育成指導企業の指定を受ける。
1984年 3月 フィルム処理工場建物増設。
1986年 1月 秋草好郎会長、横堀幸三社長就任。
1990年 3月 フィルム処理工場建物増設。
1992年 9月 富山工場建設用地取得。
1995年 11月 富山工場完成。
1997年 2月 カーウィンドウフィルムシーマル販売開始。
1997年 5月 富山工場稼働開始。
1999年 10月 フィルム事業部においてISO9001の認証取得。
1999年 11月 本社レンガ工場2棟が国登録有形文化財の指定を受ける。
2000年 5月 富山工場第二期建物増設、並びに生産設備の2系列化。
2001年 5月 富山工場第三期建物増設並びにクリーンルーム化。
2001年 6月 関東パック株式会社経営。
2003年 8月 関東パック株式会社 足利市藤本町より同市内福居町((株)トチセン内)に移転。
2004年 1月 横堀幸三会長、秋草俊二社長就任。
2005年   県フロンティア企業に認定される。
2008年 3月 本社汽罐室及び汽罐二基が国登録有形文化財に追加認定される。
現在に至る。

会社沿革
  このページのトップへ戻る 
Copyright (C) 2003-2005 TOCHISEN.  All rights reserved.